ホーム > ヘルプ > 計測地点の追加・変更 > AMPページを計測する方法

ヘルプ

計測地点の追加・変更 > 特殊な計測

AMPページを計測する方法

「AMPページを計測する方法」への回答

ウェブアンテナでは、AMP対応したページ(以下、AMPページ)についても計測が可能です。

ただし、計測にはAMPページ専用のタグの設置が必要なほか、計測可能な範囲に一部制限があります。下記内容をご確認のうえ、計測をご希望の場合はサポート窓口までご連絡ください。

AMPとは

Accelerated Mobile Pages(AMP)とは、モバイルページの表示高速化のために、Google社を中心に進められているプロジェクト、またはAMP HTMLフレームワークのことを指します。
表示を高速化するために専用のHTMLが用意されており、一部のHTMLタグやJavaScriptの使用は制限されます。

AMPページの計測に必要な作業

AMPページを計測するためには以下の2つの作業が必要です。

  • AMPページ専用のタグを設置する
  • AMPキャッシュページのドメインを「計測対象サイト」に登録する

AMPページ専用のタグを設置する

AMPページには、AMPページ専用のタグを設置いただく必要があります。ウェブアンテナ管理画面から取り出した通常のタグをAMPページへ設置することは避けてください。

タグの種類は、通常のタグと同じく「入口ページタグ」と「CVタグ」の2種類があり、それぞれ下記のページに設置します。(CVタグの場合は、CVの種類ごとに別々のタグの設置が必要です)

  • 入口ページタグ : 外部サイトからの流入があるページ(CVタグ設置ページを除く)
  • CVタグ : 計測対象のCVページ

AMPページ専用のタグはお客様自身では発行できませんので、計測をご希望の場合はサポート窓口までご連絡ください。またその際、必要なタグの種類(CVタグの場合はCV名)をお知らせください。

AMPキャッシュページのドメインを「計測対象サイト」に登録する

※ 本作業は、自然検索・その他流入オプションのいずれかをご利用中のお客様のみ必要です

AMPページはAMPのCDN(Content Delivery Network)によってキャッシュされ、Google検索結果からはキャッシュされたページ(AMPキャッシュページ)の方に遷移する仕組みになっています。

そのため、ウェブアンテナの「計測対象サイトの設定」へ、新たにAMPキャッシュページのドメインを登録する必要があります。

下記のようなサイトを利用して元のページのドメインに対応するAMPキャッシュページのドメインを調べ、ウェブアンテナへ登録してください。

▼Using the Google AMP Cache(英語サイト)
https://amp.dev/documentation/examples/guides/using_the_google_amp_cache/

「計測対象サイトの設定」の詳しい登録手順は、関連トピックをご覧ください。

AMPページの計測上の制限

AMPページの性質上、計測できる範囲に制限があります。下記にご留意いただいた上で計測をご検討ください。

コンバージョン属性の取得は非対応

AMPページではJavaScriptを使用できないため、AMPページ専用のCVタグではコンバージョン属性の取得はできません。

ただし、入口ページのみがAMPページで、CVページが非AMPページの場合には、通常のCVタグを用いてコンバージョン属性を取得できます。

Safari(iPhone, iPad)の計測は非対応

ウェブアンテナの仕様上、Safariブラウザ(※注)のトラッキングにはJavaScriptの使用が必須となっています。そのため、AMP専用のタグを設置いただいた場合でも、Safariの計測には非対応になります。

上記の制約から、SafariではAMPページへの流入を計測することはできませんが、その代わり、AMPキャッシュページから非AMPページへの遷移を特別に「流入」として扱います。該当のデータは、「その他流入」タブにて流入元がAMPキャッシュページのドメインとして表示されます。
※ AMPキャッシュページが計測対象サイト内であっても、その他流入タブに表示されます
※ データの確認には「その他流入計測」のオプションをご利用いただく必要があります

「計測地点の追加・変更」のよくある質問一覧


Copyright © beBit, Inc. All Rights Reserved.