ホーム > ヘルプ > 計測地点の追加・変更 > 入口ページタグの機能と設置が必要なページ

ヘルプ

計測地点の追加・変更 > 計測の設計・作業一覧

入口ページタグの機能と設置が必要なページ

「入口ページタグの機能と設置が必要なページ」への回答

ウェブアンテナの入口ページタグについて、入口タグの「機能・役割」と「設置する必要があるページ」についてご説明いたします。

入口ページタグの機能・役割

入口ページタグには、下記3種類の機能・役割が存在します。

a. 流入計測機能

入口ページタグはランディングページに設置することで、以下のような流入計測を行います。

  • 広告の流入計測
  • 自然検索流入・その他流入の流入計測(※オプション機能)

b. Safariブラウザ(iOS)計測のための複数ドメインの引き継ぎ処理

ドメイン引き継ぎ用のリンク加工を行う前後ページに、入口ページタグ設置が必要です。
※入口タグの設置以外にも、リンクの加工処理が必要です

c. セッション経過時間のリセット

ウェブアンテナのセッションは、計測タグなどによる最後のアクセスから、セッション保持期間(デフォルトで30分)が経過すると、切れるようになっています。そのため、入口タグを設置しているページが少ない場合、サイト回遊中にセッション切れが、発生しやすくなる可能性があります。

入口ページタグを設置する必要があるページ

ウェブアンテナの入口ページタグは、自社サイトの下記ページにご設置ください。

  • 計測したい流入の流入先になる可能性のあるページ
  • クロスドメイン遷移が発生する前後ページ(iPhone計測用ドメイン引き継ぎ処理を行う場合)

流入先ページが特定しづらい場合や変動する場合などは、下記「入口ページタグを設置すべきでないページ場合」を除いた計測対象とするサイトの全ページにご設置いただくことを推奨いたします。

入口ページタグを設置すべきでないページ・場合

下記のような場合は、入口ページタグの設置をお控えください。

  • 既にウェブアンテナの入口タグまたはコンバージョンタグが設置されており、2重で設置することになる場合※1
  • ウェブアンテナの広告パラメータ付きのURLで流入が行われるが、その広告流入を計測したくないページ
  • 自然検索オプションを契約しており、PV数を抑えるためにタグ発火制限をしたい場合
  • サイト全域に設置することで月間のPV数が、1,000万PVを超えてしまう場合

※1 重複して設置すると、設置ページへの流入が2重で計測されてしまいます

「計測地点の追加・変更」のよくある質問一覧


Copyright © beBit, Inc. All Rights Reserved.