ホーム > お知らせ > Google AdWords 改良版URL管理システムへの移行方法について

2015/04/17

Google AdWords 改良版URL管理システムへの移行方法について

※この記事は、過去に告知されたお知らせであり、現在のウェブアンテナの仕様・状況とは異なる場合がございます。

平素よりウェブアンテナをご利用いただき、誠にありがとうございます。

先日、Google社より、Google AdWordsのURL管理システム変更の告知がありました。

(参考) AdWords ヘルプより:
改良版 URL 管理システムについて
改良版 URL 管理システムへのアップグレードについて

Google社によると、AdWordsに登録した全てのキャンペーンが2015年7月1日より新しいURL管理システムへ自動移行される予定のため、ウェブアンテナをご利用の場合はそれに先駆けてお客様ご自身で設定をアップグレードいただく必要がございます。

つきましては、ウェブアンテナをご利用中のお客様が当媒体に出稿している場合の移行方法を作成しました。

移行手順は、下記より資料をダウンロードしてご覧ください。
Google AdWords 改良版URL管理システムへの移行手順のご案内(PDF:563KB)

なお、本移行作業の支援ツールをご用意しましたので、以下も併せてご確認ください。

入稿作業の支援ツール(Excelマクロ)のご提供について

以下のお客様を対象に、移行中・移行後の入稿作業の一部を自動化する支援ツールをご用意しました。

対象のお客様

  • ウェブアンテナでLPO設定を行っている方
  • ウェブアンテナの広告パラメータをAdWordsのカスタムパラメータ欄に設定する方

入稿作業支援ツール

下記よりダウンロードしてご利用くだい。

【Excel2007以降用】Google AdWords URL入稿支援ツール(xlsm形式:67KB)
【Excel2003用】Google AdWords URL入稿支援ツール(xls形式:194KB)

※ お使いのExcelバージョンに対応するファイルをお選びください

ご利用方法

通常のご利用方法

  1. ウェブアンテナにログインし、AdWordsに入稿する広告を含む広告設定用CSVをダウンロードする
  2. 1.のCSVと支援ツールをExcelで開き、CSVの全体をコピーして支援ツールのA1セルに貼り付ける
    ※ダウンロードした広告設定CSVをそのまま貼り付けてください。CSVを編集するとマクロが正しく動作しない可能性があります。
  3. Alt+F8キーを押してマクロウィンドウを表示し、「LPO方式のリンク先URLを結合する」または「カスタムパラメータを生成する」を選択して「実行」を押す
  4. 貼り付けたデータの右側に実行結果の列が出力される
  5. ExcelのVLOOKUP関数等を使って、出力されたデータをAdWords側の設定用スプレッドシートに移し替える
    例:AdWords側の[リンク先URL]列を検索条件に、ウェブアンテナ側の[入稿URL]列と照合する

AdWordsに設定済みのリンク先URLからカスタムパラメータを取り出す方法

  1. AdWordsから設定用スプレッドシートをダウンロードする
  2. 1.のスプレッドシートと支援ツールをExcelで開き、支援ツールのA1セルに「入稿URL」と入力する
  3. 1.のスプレッドシートの[リンク先URL]列から該当するURLをコピーして支援ツールのA2セル以降に貼り付ける
  4. Alt+F8キーを押してマクロウィンドウを表示し、「カスタムパラメータを生成する」を選択して「実行」を押す
  5. 貼り付けたデータの右側にカスタムパラメータが出力される
  6. 出力されたカスタムパラメータをコピーし、元のスプレッドシートの[カスタムパラメータ]列に貼り付ける

以上となります。

本件に関してご不明点がございましたら、販売代理店または株式会社ビービット CRM担当(wa_support@bebit.com)までお問い合わせください。

「お知らせ」一覧


Copyright © beBit, Inc. All Rights Reserved.